灰皿の多様性

卓上に置くものでは、個人の趣味性もあってさまざまな製品が見られる。意匠を凝らしたものや芸術的なもの、ライターや時計を組み込んだものなどがあり、これらは消費者の好みを満たすため、数多くのメーカーから多様な製品が発売されている。

素材としては、陶器、ガラスや金属(主にプレス加工による板金)製のものが主流であるが、メノウやクリスタルガラスなどといった高級で重量感のある素材を使ったものや、素焼きの素朴なもの、石(鉱物)製や鋳物の安定感のあるものなど、多様性が見られる。耐熱樹脂を除くプラスチックや木などは、耐熱性に難があるため灰皿の材質としては適していない。なお耐熱樹脂の灰皿は製造面で加工が容易であることから多く出回っている。