「水どう」ミスターがドラマ監督

4月にスタートする岡田将生主演の「ドラマ24『不便な便利屋』」の脚本と監督を「水曜どうでしょう」でミスターの愛称で知られる鈴井貴之が務める。ミスターが連続ドラマ全編を手掛けるのはこれが初めてとのこと。
「不便な便利屋」は北海道の雄大な自然の下で繰り広げられるコメディドラマ。岡田将生が豊かすぎる想像力を持つ主人公の若き脚本家・竹山純を演じ、一面の銀世界を舞台にトンチンカンな3人のズレたストーリーが展開されるとのこと。竹山は気持ちを込めて書いたシーンを勝手に書き換えられ、監督と口論の末東京を離れることを決意。富良野に行くつもりが吹雪でバスが立ち往生し、立ち寄った居酒屋で勘違いに巻き込まれてしまう。財布もケータイも無くし、仕方なく名もなき町の便利屋にとどまることになる。竹山とおせっかいを絵に描いたようなオーナーの松井、3度の離婚経験を持つ梅本の掛け合いが見どころだ。舞台が北海道と言うこともあって、「水曜どうでしょう」のファンからは「水どう」ネタをねじ込んでくるのではと言う期待の声も上がっている。あの”ミスター”の脚本・監督と言うことで今から楽しみだ。