健康状態を見るメガネ発売へ

アイウェアブランド「JINS」を展開するジェイアイエヌは、センサーによって自分の健康状態を見ることができるメガネ「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を11月5日に発売するそうだ。
「JINS MEME」は、一般的なメガネと同じように装着すると、目線の動きやまばたきの回数、頭の動きといった情報を取得する。Bluetoothでスマートフォンと連携し、アプリから自分の状態を知ることができるそうだ。対応OSは、発売時点ではiOSのみとなっている。2016年1月にAndroid版の対応アプリをリリースする予定とのこと。
ウェリントンタイプの「JINS MEME ES」が3万9000円、スポーツサングラスタイプの「JINS MEME MT」が1万9000円。全国のJINSショップ38店舗と、JINS MEMEオンラインショップで販売される。
「JINS MEME ES」はウェリントン型のフレームに独自開発の3点式眼電位センサーと、6軸センサーを搭載。まばたきや視線の動きの情報を収集する。レンズは通常のメガネと同じものを使用し、度つきのレンズやブルーライトカットレンズへの交換に対応可能とのこと。「JINS MEME MT」は運動時の使用を想定したサングラスタイプ。眼電位センサーを省略し、6軸センサーのみを搭載している。こちらは度つきレンズへの交換は対応しない。
どちらのタイプも連続稼働時間は最大24時間。リアルタイム計測を行う場合は最大12時間。充電時間は約2時間。microUSBポートで充電するそうだ。
「JINS MEME」アプリは自身の健康状態を表示する。自分の健康状態を「アタマ年齢」と「カラダ年齢」という2つの年齢人例えて表示する。「アタマ年齢」は眼電位センサーをもとに、集中力、活力、落ち着きといった項目の値が高いほど若く表示される。「カラダ年齢」は6軸センサーによって肺活量、姿勢が安定しているほど若く表示されるとのこと。生活のサポートやトレーニングの補助を行う機能もあるそうだ。メガネをかけるだけで健康管理ができるとは、技術の発達とはすごいものだ。