2年縛り是正、新料金は期待外れ?

携帯電話大手3社が、2年ごとに契約を自動更新し、更新月以外の月に解約すると高額の違約金を取られる、いわゆる「2年縛り」問題への批判に応え、抜本見直しに乗り出した。しかし、KDDIとソフトバンクが検討している新たな2年契約は場合によっては現行料金より割高になるケースさえあり、利用者にとって期待外れに終わる可能性が高いという。高止まり料金の維持を狙う携帯事業者と、是正を求める政府とのせめぎ合いも激しくなりそうだ。
現行の2年契約は、高額違約金や自動契約更新など解約しにくい仕組みが批判を浴びている。このためKDDIとソフトバンクは6月から更新月に解約しないと勝手に契約更新される「自動更新」を廃止し、3年目以降は違約金なしでいつでも解約できる新2年契約を導入すると先週発表した。NTTドコモも今夏中に導入する方針だという。
新契約プランを発表した2社は、月額基本料金を現行より300円高く設定し、月額1700円の定額通話プランが2000円、2700円のプランが3000円になる。例えば、違約金が発生する24か月目で解約すれば支払総額は5万7500円で現行の2年契約より7200円割高になるという。更新月を過ぎた27か月目は新2年契約が1400円安いが、その差が縮まり32か月目には違約金を支払っても新2年契約の方が割高になるそうだ。つまり、「自動更新しない」「3年目から違約金不要」といっても携帯電話事業者の腹は痛まない仕組みだ。
総務省の有識者会合が15年7月にまとめた報告で「2年縛り」の是正を求めたのを受けて、携帯3社は一度自動更新の見直し方針を打ち出したが、9月に始まった携帯料金引き下げ議論によって優先順位が逆転。ライトユーザー向け料金プラン導入と実質0円端末の見直しには対応する一方で、高止まり料金の見直しは「ほとぼりが冷めるまで死んだふり」を決め込んだ格好となった。
しかし、係争を通じて明らかになったように「2年縛り」で事業者の実損害と違約金額の関係はグレーのまま。ドコモが近々発表する新たな「2年縛り」が気になるところだ。

コンビニ売上金ひったくられる

東京都品川区の路上で、自転車で走行していた男性がひったくりにあった。
被害にあった男性は、コンビニエンスストアの店員で、コンビニの売り上げを銀行に入金するため巾着袋に入れて前かごに乗せていたという。被害額は1200万円。
警察よると、通報があったのは2月29日午後5時すぎで、被害にあったコンビニ店員からだったという。
また、犯人は男性2人組。スクーターに乗っており、自転車に後ろから近づき前かごの売上金をひったくって行った。犯人は、フルフェイスタイプの黒いヘルメットを被っており顔は不明。
警察は、これを窃盗事件として周囲の防犯カメラの映像を解析するなど調査を進めているそうだ。
一番悪いのは犯人だが、自転車で1200万円もの金額を運ぶとは不用心ではないだろうか。