アルマーニ、毛皮使用廃止へ

アルマーニ グループは2016-17年秋冬コレクションから、全ブランドにおいて、毛皮の使用を廃止するとのことです。
米国動物愛護協会および、毛皮に反対する国際連盟との合意の下の決断です。
ジョルジオ・アルマーニは、「アルマーニ グループが、コレクションで毛皮使用の廃止を確約したことをとてもうれしく思う。長年にわたる技術の進歩により、私たち人間が動物に対して行ってきた残虐なことを別の方法に替えることができたのだ。環境や動物を守るという課題のわが社の意向を反映して、大きな一歩を踏み出す」と力強く語りました。
米国動物愛護協会はアルマーニの決断を受けて、今後もファーフリー(毛皮を使用しない)に踏み出すデザイナーが増えることに期待をするとしています。
なお、他にも「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」、「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」、「カルバン クライン(CALVIN KLEIN)」、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」もファーフリーを掲げています。