英ビッグベン、数か月間沈黙へ

「ビッグベン」の愛称で英国民や観光客に親しまれる英海議会議事堂の大時計の鐘が、来年初めから3年にわたって行われる時計塔の大規模改修に伴い数か月間止められることになったそうだ。
ビッグベンは1859年に設置されたそうだ。「エリザベス・タワー」と呼ばれる時計塔の高さは96メートル。大時計は老朽化が激しいが、1985年以来大規模な改修は行われておらず、「早急に対応を講じないと時計が故障して停止する恐れがある」と指摘されていたという。鐘を止める時期は未定とのこと。議会によれば、76年や2007年にも改修や整備のため一次止められたことがあるそうだ。
一時とは言え鐘が止まるのは寂しいが、この先もビッグベンが時を刻み続けるためには必要な休息と考えよう。

「ハゲてねぇし」問題

川崎市川崎区の市立中学校で、非常勤講師の40代の男性に対し、同僚の教諭が「ハゲてねぇし」とかかれたTシャツを贈ったという。市教育委員会は、薄毛をからかったことがハラスメントになる可能性があるとみて、調査しているそうだ。
Tシャツを贈られた男性は、昨年度まで非常勤・臨時任用で勤務していた。問題のTシャツは、同僚の教諭ら12人が1月に旅行にいったときの土産だったという。
男性は任用期間終了後再任されず、市教育委員会に、Tシャツと、「在職中に容姿などについてバカにされたり同封のTシャツを作られ着るように言われました。これはいじめです。教師がいじめをしています。」などと書いた手紙を送った。
学校は、Tシャツの贈答があったことを確認し、市教育委員会は、同僚の教諭の12人全員からTシャツを贈ることになったいきさつと、男性の在職中に薄毛をからかう言動がなかったかについて聞き取り調査を進めている。
また、これに対し市教育委員会は「Tシャツを贈っただけでも適切とは言えない。男性も含めて話を聞き、対応を判断する」としているという。
ネットではTシャツの写真をみることができる。ピンク地のTシャツに白い文字で「ハゲてねぇし」と書かれている。容姿をからかうのは、からかわれた相手の受け取り方で「いじめ」にも「会話」にもなる。相手がどう感じているかわからないなら、避けることが無難だろう。