男性の「美容室でカット」は違法?

いつの頃からか、男性が美容室でヘアカットをするのはごく普通の光景となった。しかし厳密には美容室で男性の「カットだけ」をするのは「違法行為」なのだそうだ。何か具体的な害があるとは思えないが、約40年前の厚労省の通知によって「違法」とされているのだそうだ。
ややこしいのは自治体によって美容師への指導や監督をどれだけ強く行うのかが異なっていることだ。東京都のように「男性のヘアカットのみ」を黙認している自治体もあれば、厳しく取り締まる高知市のような自治体もある。
そもそも理容室と美容室は、取り締まる法律もそれぞれが規定する「仕事内容」も決まっているのだそうだ。1947年に制定された「理容師法」は、理容師の仕事を「頭髪の刈込、顔そりなどの方法により容姿を整えること」とする。一方の「美容師法」は1957年に制定され、「パーマネントウェーブ・結髪・化粧などの方法により容姿を美しくすること」と規定した。このような違いがあるのだが、現代の感覚では「整える」と「美しくする」にどんな違いがあるのか理解に苦しむ。しかしそもそも理容師と美容師の仕事に垣根はないと考えられる。大きな違いといえばシェービングができるかできないかということだろうか。男性が美容室へ行くのも時代の流れがあるので、仕方のないことだ。それを禁じた1978年の厚労省通知は時代にそぐわないと捉える人もいるだろう。
東京の理容組合としても、ことさら「男性のカットのみ」を行う美容室に対して「違法だ」と言うつもりはないそうだ。
いずれは理容師と美容師の垣根は完全になくなっていくことになるのかもしれない。